2015年 8月 の投稿一覧

Airbnbを利用した海外旅行の提案

あなたは海外旅行でどんな体験をしたいですか。自然に触れたり、遺跡を訪ねたり、冒険的な旅行をしたりと、人それぞれの楽しみ方があるでしょう。中には、その地を存分に体感したいと、少し時間をかけて滞在する人もいるようです。その土地の人々や食べ物、風景や風習などに触れるには、滞在型の旅が最適でしょう。そのような、その土地に住む感覚で旅をしたい人におすすめなのが、Airbnb(エアビーアンドビー)です。
エアビーアンドビーは、海外の宿泊先をネットで予約できるサービスです。宿泊先と言っても、普通のホテルではありません。エアビーアンドビーが提供する施設の多くは、一般の人がホストとなり、自宅の部屋を提供するといった形の宿泊先です。そのため、より家庭に近い環境での滞在となるため、現地の暮らしや人々に肌感覚で触れる事ができる特徴があります。それぞれの施設によって条件は異なりますが、概ね長期滞在でも一泊のみでも宿泊が可能です。エアビーアンドビーを使えば、一味違った旅になること間違いなしでしょう。特に長めの滞在であれば、現地に住んでいるような感覚を味わうことができ、貴重な体験となるはずです。
エアビーアンドビーのサイトには、かなり詳細な宿泊先の情報が掲載されています。部屋や設備、外観の写真はじめ備品情報も確認できます。また口コミ情報もあるため、大変便利です。口コミがたくさんある施設は、生の声としてかなり参考にできる情報と言えるでしょう。
エアビーアンドビーには、このような家庭的な宿泊施設の他にも、個人で所有する歴史的施設や島、リゾート型施設を宿泊先として提供しているケースもあります。例えばお城などに泊まれる経験もできてしまいます。
観光旅行の場合には、目的の観光ばかりでなく、宿泊先でも思い出が作れると言った魅力があり、大変人気を博しています。エアビーアンドビーの宿泊料金は、各施設によって差があります。1泊1万円以下のケースも多くあり、節約旅行の方にも嬉しいサービスと言えるでしょう。宿泊先は、世界190ケ国にもおよびますから、あなたの旅行先にも、きっとエアビーアンドビーの宿泊施設があるでしょう。

シンガポール旅行でAirbnbを使って旅を満喫

バックパッカーにとって、宿泊で便利なサービスといえばAirbnbです。
Airbnbのサイトに登録したホスト(提供者)が自宅の1室に宿泊させてくれて、宿泊代もその街のホテルの半額以上安く泊まれます。

今回はシンガポール旅行でAirbnbを利用しました。
宿泊は市内に3泊。
事前にホストの人とメールでやりとりをして、条件の良い部屋を貸してもらえることになりました。
待ち合わせ場所はホストの自宅がある最寄り駅にお願いしました。

シンガポールの空港に着くと、市街地までバスで乗り継ぎ、ホストの自宅の最寄り駅まで移動しました。
到着すると既にホストの人は待ってくれていました。

彼は33歳のSさん。僕より2つ年下です。
結婚していて2人で夫婦で住んでいるそう。
自宅までは徒歩5分程度。
その間に英語で会話をして、どんな街なのかを説明してくれていました。
自宅に到着すると奥さんが迎えてくれてごあいさつ。
2人の住まいですが、マンションの部屋で4LDK。
将来子供が出来た時のために大きめのマンションを購入したそうです。

案内された部屋はすごく広い部屋で10畳ほど。
ダブルベッドやソファが置いてあって、豪華な部屋です。

到着したのは夕方だったので、夜はご夫婦と一緒に食事をいただきました。
奥さんのシンガポール料理はすごく美味しくて、特に魚介系の料理は絶品でした。
日本人の口にも合う料理を食べられて幸先の良いスタートです。
シンガポールは親日の国なので、日本人の旅行客をよく泊めるそうです。
リビングには過去の宿泊客との写真が飾っており、最後に写真を撮ろうねと誘われました。
こういうフレンドリーなところもAirbnbの良さですね。

翌日は事前に申し込んでおいた観光ツアーに参加。
2日目は自由行動でいろんな所を回りました。
Sさんの奥さんが教えてくれた、シンガポールのおすすめのお店を教えてくれました。
パンケーキ?のような甘いデザートと紅茶がとても美味しかったです。

3泊の旅行もあっという間にすぎて、ご夫婦ともお別れです。
シンガポールでの再会を誓って、帰国の途につきました。
弾丸旅行でしたが、ご夫婦にも良くしてもらい、楽しい旅行でした。

ドイツ旅行でAirbnbのホストのご夫婦と再会

私は旅行が大好きで、少しまとまった休みが取れるとバックパッカーで海外に行きます。

バックパッカーの宿泊で便利なのはAirbnbというサービスです。
ホストは自宅の1室を提供して宿泊させてくれて、宿泊代もその街のホテルの半額以上安く泊まれます。
旅行に出る前、事前にホストの人とメールで連絡をとり、条件が合うかを確認します。
今回、ドイツに行ったのですが、前回利用したときにお世話になったホストに連絡を取ってみました。
少し急な依頼でしたが、喜んでOKしてもらえ、もう一度利用させてもらえることになりました。

ドイツに泊まるのは4泊。
待ち合わせ場所はホストの自宅のある最寄り駅にお願いしました。
こうして今回のドイツ旅行のスタートです。

空港に着くと、市街地までバスと電車で乗り継ぎ、ホストの自宅の最寄り駅まで移動しました。
15分前くらいに到着したのですが、もう既にホストの人は待っていました。
彼は34歳のAさん。僕より2つ年下です。
結婚していて2人で夫婦で住んでいます。
待ち合わせ場所でAさんとの再会を祝います。
最寄り駅からは徒歩10分程度。
つたない英語ですが、Aさんも英語は上手なので十分会話が成立します。
前回利用した時よりも部屋が広く使えるそうです。
どうやら、Airbnbを利用する人が増えてきて使う部屋を変えたようです。
自宅に着くと奥さんもいてあいさつ。
2人の住まいですが、郊外の駅だからか日本の家に比べてとても大きい家です。
聞くと日本人の僕とさほど収入は変わらない様子。
便利なのにすごく安く購入できるようで日本人には羨ましい限りですね。

案内された部屋は確かに前回よりもすごく広い部屋で12畳ほど。
普通のホテルのダブルの部屋より広いと思います。

最初の夜はご夫婦と一緒に食事をいただきました。
2人とも日本人を泊めることが多いようで日本のことを良く知っています。
普通に日本で起こった出来事を知っていてびっくり。
ちょっと違うように理解しているようで面白かったですが、訂正しておきました。

今回の旅行ではサッカー観戦もしたいと思い、何気なく当日行ってみようと思っていたのですが、ドイツのスタジアムはかなり混雑していてチケットの入手も難しいとのこと。
Aさんが知り合いに聞いてくれて、2日後の試合のチケットを1枚用意してもらえました。
ちょっと自分の無計画さを反省。
でもこういうところもAirbnbの良さですね。

旅行もAさん宅の4泊もあっという間にすぎて、ご夫婦ともお別れです。
またドイツに来たら遠慮無く連絡してい言われ、再会を約束しました。

今回のバックパッカーもとても思い出深い旅行が出来ました。

庶民の生活を肌で感じることができる

楽しい旅行をしようと考えるなら、ある程度の予算を準備しておくべきです。観光する町並みを楽しむだけであればそれほど長い時間必要無いですが、その町全体をいろいろと楽しもうと考えるならば、旅行の期間をできるだけ伸ばす必要があります。

ゆったりと旅行を楽しむ為には、Airbnbを利用するという考え方があります。これは、一般的な状況を旅行者向けに貸し出しているサービスを利用する方法です。

地元の人たちが住んでいるような居住空間なので、普通のアパートだったり共同住宅のような安い物件もいくつもあります。個人で旅行するのであれば、この程度の安い物件でも充分に楽しめるはずです。

このメリットは、格安のホテルを利用するよりも更に安い価格で借りることができるという事です。一般的な賃貸物件と同じ内容なので、ホテルのように高額になることはあり得ないのです。

ということで、安い旅行をしようと考えるのであれば、Airbnbに登録して格安の空き部屋を探しておくという事が大事になってくるのです。

また、もう一つの考え方としては現地の住民が住んでいるような住居なので、より生活に密着した旅行を楽しむ事ができます。本来であれば、ホテルのラウンジで朝食をして、観光地などを回っているときにはその観光地にあるレストランで食事を食べます。

これが旅行の基本的な考え方ですが、そうではなく、Airbnbで借りた庶民的な賃貸物件の場合には、普通に生活してることと同じように家の中で食事をする事ができます。
 
地域の人たちが当たり前に食べているようなメニューを自分で作ることもできるし、作られた食事を買ってきて自分でディナーを構成することもできるのです。

その地元で話題になっているワインなどを買って冷蔵庫に冷やしておくという事も可能だし、食事の時間も自分で自由に決められたりするので、旅行のプランに自由な時間が多くなってくるのです。

ホテルに宿泊していると、ホテルにいる時間がもったいないように感じられますが、Airbnbの場合は地元の文化を満喫している状況になるのです。

Airbnbの広がりとこれからの旅行のあり方

Airbnbが今世界中で注目されているのをご存知でしょうか。
Airbnbとは旅行先で現地の家を借りることが出来るサービスで、その宿泊先は様々です。
中には普通の住宅ではない場所も多々あり、驚くような場所に泊まることが出来たりもするのです。
旅行好きな方で、世界中色んな所に行きたい方にはピッタリのサービスと言えますね。
現地の方と仲良くなれるため、色々と教えてもらえたり楽しく交流をすることも可能です。
ただホテルに泊まるだけでは与えてはもらえないものがAirbnbでは与えてもらえるのです。
別の国に行く場合、事前にいくら調べてもあとで「あそこにも行けばよかった」などと後悔することがあります。
しかし現地の方の家に泊まることが出来たなら、最もおすすめの観光地だけでなく穴場的な場所を教えてもらえる場合もあるのです。
旅行に行く前から安心感があるのもとても大きいですね。
利用する際も低価格でお財布にも優しいのが嬉しいです。
Airbnbでの利点は、借りる方だけにあるわけではありません。
部屋を貸す方にも非常に大きな利点があります。
それは空き部屋を有効利用できるということです。
何年も使用していない部屋があったとして、この先もずっと使わないままよりも貸し出すほうが有効利用できますし、収入にも繋がります。
人と会うのが好きな方には、世界中の旅行客と交流できる機会というのは何よりも嬉しい事なのではないでしょうか。
Airbnbの登場により、海外旅行への敷居が下がったとも言えます。
高いホテルに泊まらずとも、優しい現地の人と事前にやりとりをして部屋を借りることが出来るなんて非常に便利だからです。
こうして世界を旅していくうちに、海外のお友達が沢山増えていくと思うとワクワクしますよね。
ただ、ホテルではないため場所によっては環境的にあまり良くない場合があるかもしれません。
しかしそれはそれで、現地の暮らしを垣間見ることが出来てとても興味深いものではないでしょうか。

あらゆる物件が貸し出しの対象となる

数年前から、旅行に行くときのスタンダードな考え方が変わってきています。それは、Airbnbを上手く利用することによって、旅費を減らしていく考え方ができるのです。

旅行に行ったときには、観光地でお土産を購入したり、美味しそうな食べ物が売られていたら、つい食べてしまう事が多くあります。それが旅行の楽しみであり、ぎちぎちに旅行費用を押さえつけていると楽しむ事ができないのです。

なので、旅行に行ったときの費用を抑える考え方が重要であり、旅行前にプランを考える際にどこかの旅費を下げようと考える事が必要になってくるのです。

そこで、Airbnbを利用するという事になります。これは、旅行先の現地の空いている住宅を数日間だけ借りるという取引になります。大きな豪邸を借りることも可能であったり、またはこぢんまりした賃貸アパートを借りることも可能です。

通常の不動産屋に登録してあるような、空いている物件であれば、ほとんどがAirbnbに登録してあったりするので、自分の希望する期間だけ借り入れる事が可能になります。

この時にとてもメリットを感じるのは、ホテルと同様に家具類や家電製品が、すべてすぐに使える状態にセッティングされているところです。

家電製品が何でも使えるという事は、部屋を借りてから、服を着替えて着てきた服を洗濯機に入れて回しながら、お風呂に入り、ドライヤーを使いながらエアコンの効いた部屋でくつろぐ事ができます。

そして、空港で見かけた美味しそうな食べ物を、ガスコンロで焼いて食べてみることができるのです。このような、自宅にいるようなリラックスした感覚を味わえるのがAirbnbの良いところであり、現在のところ世界各国で登録している空き部屋の総数がどんどん増えているのです。

なので、日増しに旅行に行った際の宿泊先が増えていると考えて良いのです。ホテルを借りたときよりも割安になるので、旅行プランを考えるときには、Airbnbに登録されている物件を一通りチェックする事が良い考え方になります。

airbnbにはリスクもあります

 空き部屋を旅行客に貸すことが出来るサービスとして話題を集めているAirbnb(エアビーアンドビー)ですが、空き部屋を有効活用して収入を得ることが出来るというメリットがあるとともに、反面デメリットも存在します。Airbnb(エアビーアンドビー)におけるデメリットとは、貸した部屋を綺麗な状態で使ってもらえないケースがたまに見られるということです。Airbnb(エアビーアンドビー)の特色として、貸し与えるほうには大きなリスクがあるのですが、借り手にはリスクが少ないということが上げられます。部屋を貸す際に、住んでいる1室の部屋を貸し与える場合には、借主の目が届くのでそれほど心配はありませんが、空いている住居を1軒丸ごと貸してしまう場合には注意が必要とも言えます。貸主の目が届かないために、住居を好き勝手にしようされてしまい、部屋の調度品などが壊れてしまうというケースが見られるので、この点には注意が必要です。借りる相手がどのような人かも分かりませんし、また、外国人に貸し与える場合には文化などの違いから、家の装備品を思いもよらないような方法で使用される場合もあるからです。
 また、海外では、貸し与えた住居を大きく破壊されてしまってすぐには住むことが出来ないような状態にまで損傷されてしまい警察が捜査しているというケースもあります。ただ安心なのは、このような場合にもAirbnbの保険が適用されて、損傷した住居に関しての修理費は保障されているということなので、万一の事態への対策は十分に配慮されているといえます。
 このように、Airbnbには、手付かずで放置されている空き部屋を有効活用しつつ収入を得たり、外国の人を宿泊させることによって、異文化コミュニケーションを行うことが出来るというメリットがある反面、リスクが有るということも理解して、部屋を貸すかどうかを判断する必要が有るといえます。デメリットを理解したうえであればとても魅力的なシステムであるといえます。

借りる側も貸す側もメリットのある方法

外国の部屋をチェックしていると、らせん階段のある大広間が魅力的な洋館のような建物があったり、プールがついているコテージなどが非常に魅力的に見えることがあります。

プール付きのホテルなどもありますが、そのあたりを借りる時には相当な費用がかかってしまうので、旅行の費用の中にこれらを含めるのは難しい状況にあります。

しかし、宿泊施設を格安で借りるというサービスを利用することによって、少しばかり贅沢をすることができるかもしれないのです。それは、Airbnbというサービスであり、最近は世界的にも認知度が高まってきて利用者数もかなり増加している状況なのです。

このAirbnbでは、旅行先の空いている物件を、旅行する側が選んで借りる事が可能になるサービスとなります。なので、借りる側は現地の建物がどのような立地条件であるかを確認し、自分の予算内で収まる物件を借りることが可能になります。

その費用が問題になってくるのですが、その宿泊施設が月に何人もの旅行客が利用し回転率が高まってくると、賃貸物件として貸し出す賃貸料よりも数倍の利益を出す可能性もあるのです。

なので、高額な宿泊費用を請求されると思いがちですが、地域の安いホテルを利用するよりも安いのです。そうなってくると、気軽に利用できるAirbnbを選ぶ人が増えてくるのです。

なので、旅行者側からすると、Airbnbは非常に魅力的なサービスになり、これが物件を所有している空き部屋の所有者からしても最高の物件の利用方法となります。

物件を所有しているホストの方は、旅行者が気に入るような家具類を準備したり、清潔に出てるような手間がかかりはするのですが、これらのメンテナンス料金と収入を考えていけば充分に、収入の方が増えるというバランスの方が多いのです。

なので、Airbnbで利用できる物件は日増しに増加傾向にあるのです。これは、空き部屋を借りたいと考えている人にとっては非常に好都合です。多くの物件の中から選ぶ事ができれば、リーズナブルに良い部屋を探せるはずです。

今現在の日本におけるAirbnbの現状とは

Airbnbは借り手側はその国の生の生活が体験出来て、貸し手側は空いている部屋を貸す事によって収入を得て、空き部屋を有効活用出来るなど、双方にとってメリットがあるので、今世界的に広がっているサービスです。
それにAirbnbは手続きがとにかく簡単だというのも、短期間で広まっている理由としてあるのかもしれませんね。基本的には会員登録をした後、部屋の写真などを撮ってアップロードするだけですので。外国人が相手という事で敷居が高く感じる人もいるかもしれませんが、やり取りなどもネット上だけで行う事が出来るので安心です。ただこのネット上だけだという性質上、意思疎通が十分に出来ていなくてトラブルが起きる場合はあるのでそこは注意する必要がありますが。
Airbnbはこうった手軽さもあってか、日本人が海外に行く時に利用するというケースは増えていますが、外国人が日本に来る時に利用するケースはまだまだ少なく、それもあってか日本でも知名度はまだまだ低いです。
海外では夏休みなどの長期休暇には、長い間家を空けて避暑地などに旅行に行くという事が多いです。その間ずっと家が空いてしまうので、その時にAirbnbを利用して貸し出すという場合も多いのですが、日本ではそもそもそれほど長期間の休暇はなく、せいぜいお盆や年末年始に帰省する程度です。ですので日本人がAirbnbを行おうと思うと、親族などが亡くなり不動産が余った時や、投資目的などで部屋を買いそれを使って家賃収入を得る副業的なものなど、どうも外国人とは違った目的での使い方になり、日頃生活をしている部屋を貸すという割合が少ないです。
というのも日本人には家というものに対して独自の考え方を持っていて、他人に自分の家に入られるのに抵抗があるという人が多いのかもしれませんね。私自身も、空いてる不動産の有効活用とかならまだしも、自分の部屋を貸すことにはやはり抵抗があります。
東京オリンピックが決まり、宿泊施設が必要になってくるとして、Airbnbに対する注目度が上がっていますが、日本ではそこまで広まらないのかもしれませんね。

airbnbのホスト側の注意

Airbnb(エアビーアンドビー)と言うサービスがとても人気となっています。
こちらのサービスですが、Airbnb(エアビーアンドビー)にはホスト、そしてゲストと言うのが存在します。
家を貸す側がホストになっていて、そして借りる側がゲストと言うことですね。
Airbnb(エアビーアンドビー)ではホームページ上でも書かれていますが、まずルールなどを守らなければいけませんし、ガイドラインに沿って、正しく利用をしなければいけないということが大きな決まり事となっています。
ですので、こうしたことを守れない人は、信頼が崩れてしまいますので、借りたり貸したりができなくなっています場合もありますので、事前に注意などが必要となるんですね。
まず、Airbnb(エアビーアンドビー)で、家などを提供する場合ですが、細かくハウスルールと言う家のなかでの決まり事などを掲載しておくということが、必要となります。
こうしたことを書いておくことで、やってほしくないことを決めることができますし、心配する必要が亡くなります。
また、さらに注意事項だったり、細かいことなども設定しておいて、泊まりに来る側が理解できるようにしておく、ということも非常に大切です。
なかには残念ながら、マナーの悪いお客さんなどもいますので、こうしたことを安全性の面からも、きちんと初めに書いておくことが良い方法であるといえるでしょう。
また、こうしたAirbnb(エアビーアンドビー)では、支払いなどは、すべてホームページ上で行うということになりますが、しかし、こうしたことをする場合にも料金を細かく規定しておくことが大切です。
また、当日何かあった場合のためにゲストの連絡先などをしっかりと聞いておくということも非常に大切であるといえるでしょう。
ゲストとメールで事前に連絡をしあっておき、そして信頼関係を築いておく、と言うことも大切です。
さらに、なにかあったときのために、保険加入をしておくとよいでしょう。