Airbnbに支払わなければならない手数料について

 Airbnbは非常に便利なサービスとなっており、ホスト側にも部屋を代わりに掃除や運営を代行してくれるエアビーアンドビー代行もあります。しかしAirbnbを利用する上で、ホスト側ゲスト側そのどちらの立場でも知っておかなければならないことがあります。それは、Airbnbを利用することによって支払わなければならない手数料のことです。Airbnbという宿泊を仲介する便利なサービスを利用するためには、ホスト側とゲスト側のどちらも手数料を払わなければなりません。どちらに対してもある程度安全性の保障されたサービスを利用するわけですから、それに対する手数料と考えて良いかもしれません。

 Airbnbを利用しないで個人間で口約束すればもちろんその手数料を払う必要はないわけですが、それだと安全性や支払いの取り決めなどで揉めてしまう恐れがありますし、そもそもどちら側にせよ希望者を募ること自体が難しくなってしまいますので、Airbnbに手数料を払うのはしかたのないことです。

 ホスト側の場合客が支払う料金の3%をAirbnbに手数料として払います。この金額が高いか安いかは支払う人の金銭感覚によりますが、3%ならばまずまず良心的とみて良いのかもしれません。Airbnbはホスト側よりもゲスト側のほうが手数料の負担が大きいです。その割合は6%から12%となっており、利用金額が大きければ大きいほど手数料の割合は低くなります。これは結構大きな違いで、どうせなら支払金額が多くなるように団体で利用したりしたほうが良いということになります。手数料が約10%前後ですから、ゲスト側は結構負担することになります。ただ、安宿ならば10%程度ととることもできますので、こちらもやはり考え方によって損得の感覚は異なります。

 ホスト側とゲスト側のどちらにおいてもそうですが、Airbnbのサービスが納得できるかどうかはこの手数料との兼ね合いで決まります。サービスに対して手数料が高いと感じれば納得できないですし、安いと感じれば納得できます。ですので、自分がAirbnbに対していくらの手数料を払えば良いのかは、絶対気に留めておかなければならないことで、それが満足度を決める物差しになります。

SNSでもご購読できます。