Airbnbのメリットとデメリット

Airbnb(エアビーアンドビー)というサービスが人気を得ているみたいです。ちなみにAirbnbのサービスは休暇の宿泊を目的とした、スペースを所有している人と借りたい人に交流の場を提供してくれるオンライン市場で、要するに旅行先で現地の家を借りられるサービスだと言えます。このサイトは現在 192カ国の33,000の都市で80万以上の宿を提供しているというからあまりの規模の大きさに驚いてしまいます。元々のサイトは飽和した市場でホテルを予約が出来ない人に短期的に個人的な宿と朝食を提供するといった仕組みでしたが、それが人気となり現在の形になったのだといいます。

それではエアビーアンドビーのメリットとデメリットについて考えてみたいと思います。これまでになかったサービスの形なので斬新で目新しく現地の人の生活を知ることが出来る反面、ホテルなどとは違い予想もしなかったトラブルが発生する可能性もあるわけです。まずメリットから紹介すると、Airbnbはサイトを介して別荘、自宅、アパートの部屋を丸ごと貸してもらえます。その場合は一部屋単位ではなく一軒家を丸々貸して貰えるので家族での旅行には最適だということが出来ますし旅行をし慣れていてホテルはつまらないといった旅行客向けです。さらに一番のメリットはホテルよりずっと安価で借りることが出来る点です。パリで1泊15000円とかニューヨークで1泊1万円以下といった価格設定はAirbnbならではだと言えます。

貸す方も所有している別荘を使用していない期間に貸すことで利益が得られるのでお得ですし、借りる方も普通では考えられないくらい低価格で部屋を借りることが出来るので双方がメリットがあると言うことが出来ます。

しかし残念ながらデメリットも存在し多くの街でAirbnbは違法行為だったりグレーゾーンで法に触れる恐れがあるのです。基本的にホテルはきちんと営業する為に手続きをしたり免許が必要となります。あと貸した部屋が汚されたといったケースもあるみたいですし、借りる方も場所によっては防犯や治安の心配が問題となります。

SNSでもご購読できます。