Airbnbのメリット・デメリット

旅慣れた旅行者にはAirbnbをオススメ

旅行先にある家をそのまま借りられるAirbnbのサービスは、異文化を楽しみたい刺激を求める旅行者にとってとても興味深いサービスです。旅行者がなぜ旅行へでかけるのかといえば、それはいつもと違うフレッシュな感覚を味わいたいからで、だからこそ国内旅行だけにとどまらず国外旅行へと旅立っていきます。その旅行先で滞在できる期間は決して長くない場合が多いわけですから、それなら日程の許す限り異文化を楽しまなければ損というものです。そこで、そんな旅行を演出してくれるサービスを行っているのが、Airbnbです。

Airbnbなら旅行先の家をそのまま借りられますから、僅かばかりの期間とはいえまるで旅行先で生活しているかのような気分を味わうことができます。実際に引越しをして住むとなればその労力は計り知れませんが、旅行先で滞在するだけなら十分可能です。そして、ただホテルに泊まるのではなく旅行先の民家や別荘に泊まることで、より一層旅行の気分を盛り上げることができます。

「旅行ではどこに泊まるのかまったくこだわらないしあまり意識していない」という人ならば、むしろ普通にホテルへ予約して泊まったほうが良いのかもしれません。しかし、旅行は24時間すべてフル活用して楽しみたいという考えを持っているならば、Airbnbのサービスを利用して寝泊まりするときまで異文化を味わうのがオススメです。

日常を抜け出した世界を体感したいのなら、そのくらい工夫したとしても決してやり過ぎではありません。旅行をするときはそれが実現できる環境にあるのですから、それを意識してプランを立てたとしても悪くないはずです。Airbnbはある程度旅慣れた旅行者向けの泊まり方ですが、だからこそワンランク上の旅行者を目指してそれを利用してみるのもチャレンジとしては十分アリです。初めて利用するときはなかなか気後れしてしまうのかもしれませんが1度慣れてしまえばその魅力がわかりますので、利用する意味はとても大きいです。

airbnbの特徴!現地の宿は温もりと個性ある部屋が魅力

airbnbの特徴!現地の宿は温もりと個性ある部屋が魅力

airbnbとは?

airbnbは、エアビーアンドビーと読みます。旅行者専用の宿をネットで探すことができるサービスのことをいいます。
最近になってairbnbは、日本国内でもホストをする人が増えてきました。現地の家を借りられるサービスなので、温かみがあり個性的な部屋を探し出すことが可能になっています。

airbnbの部屋が個性が溢れている

airbnbのホームページで、ホストの家を見ていると分かることですが、それぞれに個性があり、同じ部屋は2つとありません。
なぜなら、さきほども言ったように、現地の人の家を貸し出すサービスがairbnbというサービスだからです。

airbnbとホテルの違い

ホテルのように、最低限のものだけを置いて決まったものが決まった位置にある、という部屋が何部屋も続いているという状態ではなく、ホストの家の個性がそれぞれに現れているのがairbnbだからです。
だから、暮らしているように旅をする、というairbnbのキャッチフレーズがそのまま現実となっています。

airbnbの利用者層は、旅行者からビジネスマンまでさまざまな客層で構成されています。部屋によっては、ビジネスホテルに泊まるよりもずっと安く連泊できる、というホスト宅もあるからです。

温もりと個性を感じられるため人気

ホテルの特徴は無機質な空気感があるものですが、airbnbに登録してある家は、家らしい温もりと個性的な演出がそろっているので、暮らすように旅をすることが現実となっています。
だから、ビジネスマンにもホームシックにかかりにくい、ということで人気が高まっています。

さいごに

清掃関係も代行専門業者に依頼していることがほとんどなので、ゲストは清潔感あふれる部屋で過ごすことができます。

綺麗な空間で、温もりも感じられつつ、ホストの個性も演出されているので、これだけの条件がそろっていれば、現地の部屋が人気が出るのは当然のことでもあります。ほぼ、自宅と変わらない演出でもてなしをしてくれる部屋もあります。

また、代行会社は各地にも存在しておりサイトもあるので是非チェックしてみてください!下記にオススメのサイトを掲載しておきます。

「Airbnb Expert」はairbnbの中でも有名な代行業者です。サイトにも様々な有益な情報が掲載されているのでチェックしてみましょう。
人数も自分の希望に応じて世界中の部屋を検索できるので、泊まりたい国がるときは、宿泊ゲストの口コミを参考にしながら、予約をすると良いでしょう。

Airbnbのメリットとデメリット

Airbnb(エアビーアンドビー)というサービスが人気を得ているみたいです。ちなみにAirbnbのサービスは休暇の宿泊を目的とした、スペースを所有している人と借りたい人に交流の場を提供してくれるオンライン市場で、要するに旅行先で現地の家を借りられるサービスだと言えます。このサイトは現在 192カ国の33,000の都市で80万以上の宿を提供しているというからあまりの規模の大きさに驚いてしまいます。元々のサイトは飽和した市場でホテルを予約が出来ない人に短期的に個人的な宿と朝食を提供するといった仕組みでしたが、それが人気となり現在の形になったのだといいます。

それではエアビーアンドビーのメリットとデメリットについて考えてみたいと思います。これまでになかったサービスの形なので斬新で目新しく現地の人の生活を知ることが出来る反面、ホテルなどとは違い予想もしなかったトラブルが発生する可能性もあるわけです。まずメリットから紹介すると、Airbnbはサイトを介して別荘、自宅、アパートの部屋を丸ごと貸してもらえます。その場合は一部屋単位ではなく一軒家を丸々貸して貰えるので家族での旅行には最適だということが出来ますし旅行をし慣れていてホテルはつまらないといった旅行客向けです。さらに一番のメリットはホテルよりずっと安価で借りることが出来る点です。パリで1泊15000円とかニューヨークで1泊1万円以下といった価格設定はAirbnbならではだと言えます。

貸す方も所有している別荘を使用していない期間に貸すことで利益が得られるのでお得ですし、借りる方も普通では考えられないくらい低価格で部屋を借りることが出来るので双方がメリットがあると言うことが出来ます。

しかし残念ながらデメリットも存在し多くの街でAirbnbは違法行為だったりグレーゾーンで法に触れる恐れがあるのです。基本的にホテルはきちんと営業する為に手続きをしたり免許が必要となります。あと貸した部屋が汚されたといったケースもあるみたいですし、借りる方も場所によっては防犯や治安の心配が問題となります。

Airbnbに支払わなければならない手数料について

 Airbnbは非常に便利なサービスとなっており、ホスト側にも部屋を代わりに掃除や運営を代行してくれるエアビーアンドビー代行もあります。しかしAirbnbを利用する上で、ホスト側ゲスト側そのどちらの立場でも知っておかなければならないことがあります。それは、Airbnbを利用することによって支払わなければならない手数料のことです。Airbnbという宿泊を仲介する便利なサービスを利用するためには、ホスト側とゲスト側のどちらも手数料を払わなければなりません。どちらに対してもある程度安全性の保障されたサービスを利用するわけですから、それに対する手数料と考えて良いかもしれません。

 Airbnbを利用しないで個人間で口約束すればもちろんその手数料を払う必要はないわけですが、それだと安全性や支払いの取り決めなどで揉めてしまう恐れがありますし、そもそもどちら側にせよ希望者を募ること自体が難しくなってしまいますので、Airbnbに手数料を払うのはしかたのないことです。

 ホスト側の場合客が支払う料金の3%をAirbnbに手数料として払います。この金額が高いか安いかは支払う人の金銭感覚によりますが、3%ならばまずまず良心的とみて良いのかもしれません。Airbnbはホスト側よりもゲスト側のほうが手数料の負担が大きいです。その割合は6%から12%となっており、利用金額が大きければ大きいほど手数料の割合は低くなります。これは結構大きな違いで、どうせなら支払金額が多くなるように団体で利用したりしたほうが良いということになります。手数料が約10%前後ですから、ゲスト側は結構負担することになります。ただ、安宿ならば10%程度ととることもできますので、こちらもやはり考え方によって損得の感覚は異なります。

 ホスト側とゲスト側のどちらにおいてもそうですが、Airbnbのサービスが納得できるかどうかはこの手数料との兼ね合いで決まります。サービスに対して手数料が高いと感じれば納得できないですし、安いと感じれば納得できます。ですので、自分がAirbnbに対していくらの手数料を払えば良いのかは、絶対気に留めておかなければならないことで、それが満足度を決める物差しになります。

airbnbにはリスクもあります

 空き部屋を旅行客に貸すことが出来るサービスとして話題を集めているAirbnb(エアビーアンドビー)ですが、空き部屋を有効活用して収入を得ることが出来るというメリットがあるとともに、反面デメリットも存在します。Airbnb(エアビーアンドビー)におけるデメリットとは、貸した部屋を綺麗な状態で使ってもらえないケースがたまに見られるということです。Airbnb(エアビーアンドビー)の特色として、貸し与えるほうには大きなリスクがあるのですが、借り手にはリスクが少ないということが上げられます。部屋を貸す際に、住んでいる1室の部屋を貸し与える場合には、借主の目が届くのでそれほど心配はありませんが、空いている住居を1軒丸ごと貸してしまう場合には注意が必要とも言えます。貸主の目が届かないために、住居を好き勝手にしようされてしまい、部屋の調度品などが壊れてしまうというケースが見られるので、この点には注意が必要です。借りる相手がどのような人かも分かりませんし、また、外国人に貸し与える場合には文化などの違いから、家の装備品を思いもよらないような方法で使用される場合もあるからです。
 また、海外では、貸し与えた住居を大きく破壊されてしまってすぐには住むことが出来ないような状態にまで損傷されてしまい警察が捜査しているというケースもあります。ただ安心なのは、このような場合にもAirbnbの保険が適用されて、損傷した住居に関しての修理費は保障されているということなので、万一の事態への対策は十分に配慮されているといえます。
 このように、Airbnbには、手付かずで放置されている空き部屋を有効活用しつつ収入を得たり、外国の人を宿泊させることによって、異文化コミュニケーションを行うことが出来るというメリットがある反面、リスクが有るということも理解して、部屋を貸すかどうかを判断する必要が有るといえます。デメリットを理解したうえであればとても魅力的なシステムであるといえます。

借りる側も貸す側もメリットのある方法

外国の部屋をチェックしていると、らせん階段のある大広間が魅力的な洋館のような建物があったり、プールがついているコテージなどが非常に魅力的に見えることがあります。

プール付きのホテルなどもありますが、そのあたりを借りる時には相当な費用がかかってしまうので、旅行の費用の中にこれらを含めるのは難しい状況にあります。

しかし、宿泊施設を格安で借りるというサービスを利用することによって、少しばかり贅沢をすることができるかもしれないのです。それは、Airbnbというサービスであり、最近は世界的にも認知度が高まってきて利用者数もかなり増加している状況なのです。

このAirbnbでは、旅行先の空いている物件を、旅行する側が選んで借りる事が可能になるサービスとなります。なので、借りる側は現地の建物がどのような立地条件であるかを確認し、自分の予算内で収まる物件を借りることが可能になります。

その費用が問題になってくるのですが、その宿泊施設が月に何人もの旅行客が利用し回転率が高まってくると、賃貸物件として貸し出す賃貸料よりも数倍の利益を出す可能性もあるのです。

なので、高額な宿泊費用を請求されると思いがちですが、地域の安いホテルを利用するよりも安いのです。そうなってくると、気軽に利用できるAirbnbを選ぶ人が増えてくるのです。

なので、旅行者側からすると、Airbnbは非常に魅力的なサービスになり、これが物件を所有している空き部屋の所有者からしても最高の物件の利用方法となります。

物件を所有しているホストの方は、旅行者が気に入るような家具類を準備したり、清潔に出てるような手間がかかりはするのですが、これらのメンテナンス料金と収入を考えていけば充分に、収入の方が増えるというバランスの方が多いのです。

なので、Airbnbで利用できる物件は日増しに増加傾向にあるのです。これは、空き部屋を借りたいと考えている人にとっては非常に好都合です。多くの物件の中から選ぶ事ができれば、リーズナブルに良い部屋を探せるはずです。

airbnbのホスト側の注意

Airbnb(エアビーアンドビー)と言うサービスがとても人気となっています。
こちらのサービスですが、Airbnb(エアビーアンドビー)にはホスト、そしてゲストと言うのが存在します。
家を貸す側がホストになっていて、そして借りる側がゲストと言うことですね。
Airbnb(エアビーアンドビー)ではホームページ上でも書かれていますが、まずルールなどを守らなければいけませんし、ガイドラインに沿って、正しく利用をしなければいけないということが大きな決まり事となっています。
ですので、こうしたことを守れない人は、信頼が崩れてしまいますので、借りたり貸したりができなくなっています場合もありますので、事前に注意などが必要となるんですね。
まず、Airbnb(エアビーアンドビー)で、家などを提供する場合ですが、細かくハウスルールと言う家のなかでの決まり事などを掲載しておくということが、必要となります。
こうしたことを書いておくことで、やってほしくないことを決めることができますし、心配する必要が亡くなります。
また、さらに注意事項だったり、細かいことなども設定しておいて、泊まりに来る側が理解できるようにしておく、ということも非常に大切です。
なかには残念ながら、マナーの悪いお客さんなどもいますので、こうしたことを安全性の面からも、きちんと初めに書いておくことが良い方法であるといえるでしょう。
また、こうしたAirbnb(エアビーアンドビー)では、支払いなどは、すべてホームページ上で行うということになりますが、しかし、こうしたことをする場合にも料金を細かく規定しておくことが大切です。
また、当日何かあった場合のためにゲストの連絡先などをしっかりと聞いておくということも非常に大切であるといえるでしょう。
ゲストとメールで事前に連絡をしあっておき、そして信頼関係を築いておく、と言うことも大切です。
さらに、なにかあったときのために、保険加入をしておくとよいでしょう。

数日間だけ理想の宿泊施設を堪能できる

旅行先で、一般の住宅を短期間借りる事ができるサービスがあります。Airbnbと言われているがサービスですが、最近はこのサービスを利用する客が世界中に広がっているのです。

それと同時に空き部屋を登録するオーナーも増加傾向にあり、世界中のほとんどの国に旅行に行くときに利用することが可能になっています。

このシステムのメリットは、旅行先の格安ホテルを利用するよりも、安く宿泊できる可能性があるのです。基本的に、アパートなどの家賃とホテルの宿泊費用を比較すると数倍の開きがあります。

なので、賃貸アパートなどを数日間だけ旅行者に貸す場合には、ホテルよりも格安な料金で貸すことになるのです。そうなってくると、旅行者側からするとホテルを利用するよりもAirbnbに登録してある空き部屋を利用することがメリットが多いのです。

登録されている物件は、高級なコンドミニアムだったり、お寺だったり、かなり遠い地域にあるペンションである場合もあります。なので自分の遊ぶスタイルに合わせて、気分が盛り上がる空き部屋を借りる事が可能になってきたのです。

どのような物件があるか似ついては、Airbnbに登録することによって閲覧が可能になっています。特に、プール付きの豪邸や、見るからにお城のような建物に住むことが可能になるので、どのような物件が登録されているのか目を通しておくことが重要です。

どのような部屋で会ったとしても、洗濯機や冷蔵庫、テレビのような生活に必要となる家電製品や、ソファやベッドなどの生活必需品はすべて完備している状態なので、ホテルと同じような感覚でリラックスできるのです。

それでいて、好みのお酒などを買ってきて冷蔵庫に冷やしたり、食材を買ってきて調理したりすることも可能なのです。そして、プールを満喫したりジャグジーで楽しむこともできたりと、選ぶ部屋によってはセレブな感じを楽しむこともできるのです。

贅沢に楽しんでいるのに、数日間のレンタル料金だけで済むのでメリットがかなりあるのです。

Airbnbの利点と実際に活用する時の注意点

Airbnb(エアビーアンドビー)というウェブサービスが今とても熱いです!
Airbnbとはは旅行先で通常の宿泊施設ではなく、現地に住んでいる個人の家を借りて宿泊出来るサービスなのです。
海外で発展したこのサービスですが、日本でもどんどんブームは広まってユーザーも増加中です。
旅行者は「ゲスト」貸し出す家の人は「ホスト」と呼ばれています。
海外旅行などをした場合、通常はホテルなどを借りますが当然ですが高いですよね。
しかしこのAirbnbで旅先の人の家に宿泊すると、安い上に色んなお話も聞けて大満足間違いなしなのです。
サービスを利用するためには、まずは借入先のホストの方と連絡を取る必要があります。
しっかりとした連携を旅行前からすることで、いざ出発した時の不安感も普通のホテルに宿泊するときとは比べ物にならないくらい無くなるでしょう。
何故ならもう既に、旅先に心強い知人が待っていてくれるようなものなのですから。
旅先での不安や、わからないこと、オススメのおみやげなど、ホストの方にお会いした時にも色々尋ねることも出来、一人っきりで心細くなることも少ないのです。

ゲストだけではなく、ホスト側にもメリットは沢山あります。
海外には広い土地に大きな家を建てている方も多いですが、子どもたちが自立した後には大きな家に老夫婦だけで住んで部屋を持て余している場合も多々あります。
そんなときに、余った部屋を有効活用することはメリット以外の何物でもありません。
それに寂しい二人暮らしに、見知らぬ土地からのゲストが訪れることで新鮮な気持ちになれるのです。
ゲストにとってもホストにとってもお互いとても良い関係が築けるというわけです。
もちろん若いホストの方も沢山います。

1つ注意点を挙げるとすれば、現地の言葉がわからないと予約が上手くできないと言うことでしょうか。
泊まる予定の国によってはなかなか難しいかもしれません。
まずは英語圏から始めてみるのが良いかもしれませんね。

Airbnbはとても多くの可能性を秘めています。
今後もどんどんサービスの拡大をしていくことでしょう。