今現在の日本におけるAirbnbの現状とは

Airbnbは借り手側はその国の生の生活が体験出来て、貸し手側は空いている部屋を貸す事によって収入を得て、空き部屋を有効活用出来るなど、双方にとってメリットがあるので、今世界的に広がっているサービスです。
それにAirbnbは手続きがとにかく簡単だというのも、短期間で広まっている理由としてあるのかもしれませんね。基本的には会員登録をした後、部屋の写真などを撮ってアップロードするだけですので。外国人が相手という事で敷居が高く感じる人もいるかもしれませんが、やり取りなどもネット上だけで行う事が出来るので安心です。ただこのネット上だけだという性質上、意思疎通が十分に出来ていなくてトラブルが起きる場合はあるのでそこは注意する必要がありますが。
Airbnbはこうった手軽さもあってか、日本人が海外に行く時に利用するというケースは増えていますが、外国人が日本に来る時に利用するケースはまだまだ少なく、それもあってか日本でも知名度はまだまだ低いです。
海外では夏休みなどの長期休暇には、長い間家を空けて避暑地などに旅行に行くという事が多いです。その間ずっと家が空いてしまうので、その時にAirbnbを利用して貸し出すという場合も多いのですが、日本ではそもそもそれほど長期間の休暇はなく、せいぜいお盆や年末年始に帰省する程度です。ですので日本人がAirbnbを行おうと思うと、親族などが亡くなり不動産が余った時や、投資目的などで部屋を買いそれを使って家賃収入を得る副業的なものなど、どうも外国人とは違った目的での使い方になり、日頃生活をしている部屋を貸すという割合が少ないです。
というのも日本人には家というものに対して独自の考え方を持っていて、他人に自分の家に入られるのに抵抗があるという人が多いのかもしれませんね。私自身も、空いてる不動産の有効活用とかならまだしも、自分の部屋を貸すことにはやはり抵抗があります。
東京オリンピックが決まり、宿泊施設が必要になってくるとして、Airbnbに対する注目度が上がっていますが、日本ではそこまで広まらないのかもしれませんね。

SNSでもご購読できます。